本文へ移動

東京大学 理科一類

中島 琢登さん(東海高校)

受講科目:数・物

大学受験は相対評価なので(特に国公立前期)、簡単な問題を確実に、合否の分かれ目になる問題を頑張って解答し、難しい問題(しかし面白い!)を解かないことが良いとよく言われていますが、SEAは(少なくとも私自身は)そんな姿勢の(受験)勉強を否定します。なぜなら難しい問題を解くことで(すぐ答えを見ずに解こうとすることで)、自分の頭の中の数学も物理も理論の完成度が試されますし、いろいろ試行錯誤して考えることは楽しいからです。そんな「科学する心」を私がすこしでも身に付けられたのは私がSEAに通ったからです。中1から高1でお世話になった先生方、高2、高3でお世話になった杉村先生、岩魚先生、今西さんを始めとするスタッフの方々、本当にありがとうございました。

 

TOPへ戻る