本文へ移動

九州大学医学部医学科

坪井 健一郎さん(東海高校)

受講科目:数・英・物・化

 僕が受験勉強を通して大切だと感じた3つのことについて高3生向けに書きます。
1)    学校の定期考査(文系科目)をおろそかにしない。
 僕は共通テストの(特に国社)文系科目で点数が取れずに第一志望の名大には足切り点700点に届きませんでした。理系の人は文系科目を疎かにしがちですが、だからこそ定期テストの文系科目だけはしっかりやることをお勧めします。
2)    結局は二次力
 共通テスト700点を切っても九大に合格できたのは二次力のおかげです。秋までに数学の演習と物化の完全履修、秋以降は物化に力を入れることで、二次力がつきます。特に2学期からのテストゼミは数・英・物・化とも受けておくべき。
3)    友人を大切に
受験勉強は苦しいことも多いと思いますが、勉強の予定や内容、質問を言い合えるような友人が一人でもいるとあと少し頑張ろうという気持ちが出てきます。
本当に最後まで頑張り続けられる人は絶対に合格できます。僕の体験記がみなさんの受験に役立てばうれしいです。頑張って下さい。


TOPへ戻る