本文へ移動

琉球大学医学部医学科・藤田医科大学医学部

水野 日和子さん(南山高校女子部)

受講科目:数・英・物・化

 私には、高校2年生まで、絶対に〇〇になるんだ!という明確な夢がありませんでした。また、共通テストが終わるまで、志望校も決まりませんでした。周りの友達が夢をしっかり持っていて、行きたい大学があることを尊敬していたくらいでした。でも、受験を終えてはっきりわかったことは、自分ともっとまっすぐ向き合うべきだったということです。目標に向かって努力する方が楽しいし、意義を感じられたはずだからです。
 私は、共通テストがボロボロでした。共通テストはできるだけ高い得点を取ることが合格に近づく一歩です。しかし、私がこんなにボロボロでもなんとか後期で合格できたのは、実は英語のおかげだと思います。(琉球大後期は二次は英語のみ・・・今西)でも私は決して英語が得意ではありませんがただ、英語が好きでした。(いえいえ、SEAの学力テストでは英語はよくできました・・・今西)なので、これなら楽しんで勉強できると思う教科を持つことが大切だと思います。楽しんで勉強するのが一番ですから!
 また、受験期には精神がやられます。自分よりもみんなが賢く見えてしまいます。私は、共通テストの自己採点をした後、若干焦りを感じたのも事実ですが、ただ、持ち前の何とかなるさ精神が勝っていた気がします。苦しいからこそ、ポジティブシンキング、自己肯定できることを身につけておくと、追い詰められた気にならずに乗り切ることができるのではと思います。
 どんな時でも、どんなくだらない質問でも親身になって聞いてくださったSEAの先生方、今西さん。英語の添削をして下さった寺田先生、本当にお世話になりました。SEAに中1から6年間通い続けてよかったです‼



TOPへ戻る