本文へ移動

名古屋大学医学部医学科・慶応義塾大学医学部医学科

森本 崇嗣さん(東海高校)

受講科目:数・物

 私は東大理三にあと0.6点で不合格になり、名大医学部医学科に後期試験で合格しました。前期二次試験から、後期合格発表までの3週間、自分の受験を振り返って次の事を痛感しました。自分の気持ちの動き方を理解すべき、特に、試験中に集中力が途切れた時にすぐ集中力を取り戻す方法を考えておくべきということです。もちろん、何があっても集中力を乱されない人には必要ないですが、そうでない人にはとても重要な要素だと思います。私の場合、本番の数学で解答用紙を3回も落としたことで集中力が途切れました。(これは感染対策のためアクリル板で囲んでくれてあったことで机が狭くなり解答用紙が置きづらかったのも一つの要因・・・今西)その後、緊張を抑えられなかったことが敗因の一つだと思います。
 ただ、これを読むみなさんには、まだ多くの準備期間が残されていると思います。この時期に最も大切なのは問題を解く能力を鍛え実力を培うことに他ならないため、まずは勉強を優先して下さい。その上で前述したことに気を配ることができたなら、受験するにあたって鬼に金棒でしょう。応援しています。



TOPへ戻る