本文へ移動

京都大学医学部医学科

明石 竜馬さん(東海高校)

受講科目:数・英・物・化

 僕は中1から数学を、高2から物理と化学を受講し、さらに浪人時には数学と英語のテストゼミを受けていました。
 SEAの数学は授業進度が早く、一定期間をおいて繰り返し同一分野を学習出来るため、しっかりとした数学の基礎力を身につけることが出来たと同時に、授業では発展的な内容にも触れることが出来るため、数学という学問の面白さを味わうことが出来ました。高3の2学期からのテストゼミでは、杉村先生の丁寧な添削により合格につながる解答作成の方法を身につけ、さらには先生の驚くほどシンプルで素晴らしい解法を学ぶことで京大入試でも通用するレベルにまで数学力を向上させることが出来ました。
 物理に関しては、高校の範囲にとらわれずに微積を駆使して物理学の本質に迫る岩魚先生の授業と、選りすぐりの良問を集めたテストゼミにより、単に公式を暗記しただけでは解くことのできない難問に対応できる力を身につけることが出来たと思います。京大物理は近年難化傾向にあり、去年は分量の多さに動揺してしまい思うように点が取れませんでしたが、今年は落ち着いて解くことができ物理を得点源とすることが出来ました。
 次にSEAの化学は数学と同様に授業進度が早く、高3の初めまでに高校範囲の学習を一通り終えるため、早期に基礎力を身につけその後の時間をテストゼミも含めた問題演習に割くことが出来ました。このことは他の受験生に差をつける上で大きなアドバンテージになったと思います。
 最後に英語に関してですが、現役時僕は英語に自信があったためほとんど勉強していなかったことが災いして、去年の京大英語では半分も得点出来ず不合格の大きな要因となってしまいました。その反省から浪人後SEAの英語のテストゼミを受講することになったのですが、あらゆる大学の様々なタイプの問題を解くことで総合力がつき、近年出題傾向が安定しない京大英語に備えることが出来ました。さらに寺田先生には和文英訳及び自由英作文の添削も毎週お世話になり、本番でも自信を持って取り組めました。
 最後に数学の関谷先生、平子先生、杉村先生、物理の岩魚先生、化学の黒田先生、英語の寺田先生、そして今西さん、7年間本当にありがとうございました。



TOPへ戻る