本文へ移動

浜松医科大学医学部医学科

松田 眞依さん(南山高校女子部)

受講科目:数・英・物・化

 私は国語が本当に苦手で、マーク模試で自己採点した後、自分の点数の低さに毎回泣いていましたが、センター本番では何とか自己最高点を取ることができました。しかし、それは第一志望である名大医のボーダーを下回る得点でした。それでもどうしても名大を受けたいという私に、今西さんはテストゼミの得点、模試の結果などから判断し名大受験を後押しして下さり、名大を受験しました。名大の問題は数学をはじめ全教科が難化したこともあり自分の二次力を十分に発揮することができず不合格になってしまいました。(後日名大の入試結果の開示があり合格最低点1822点に1点足りませんでした。残念!今西)前期の発表日から後期の受験日まで、名大に合格出来なかった悔しさと、支えてくれた周りの人の期待に応えられなかった申し訳なさで毎日泣いていましたが、今西さんに叱られ、また、前期入試が終わった翌日から、毎日小論文とプレゼンの練習をしていたので気持ちを切り替えて、後期では落ち着いて自分の力を出し切ることができました。後期の合格発表後、浪人してもう一度名大を受験することも考えましたが、一年でも早く医師になることを優先し浜医に進学することを決めました。前期で第一志望校を受験したことに後悔はありません。現役で国立大学の医学部に合格できたのは全ての面で後押ししてくれたSEAのおかげです。最後に、最後まで支えて下さった今西さんを始めとする、SEAのみなさんに感謝の気持ちで一杯です。6年間本当にお世話になりました。
TOPへ戻る