本文へ移動

横浜市立大学 医学部医学科、順天堂大学 医学部

柴田 真住さん(東海高校)

受講科目:数・物

大学受験を経験して、受験に於いて一番必要だと感じたことは、勉強を楽しむことです。
つまり、勉強において何かモチベーションとなることがあれば勉強が苦ではなくなると思います。成績の向上を楽しむのもよし、問題集の進行を楽しむもよし。何でもいいと思います。僕自身、3年生になったばかりの頃は物理があまり得意ではなく、苦戦していました。しかし、SEAの岩魚先生の物理の授業がとても楽しくて、物理自体が好きになったのでひたすら問題を解き、本質を理解するように努めました。その結果、秋には物理は強力な得点源になりました。得点源ということに関して、受験において自分が絶対的に自信の持てる科目を確立することが出来ると非常に強いです。理科でも英語でも数学でも。やはりこの場合も自分が楽しいと思う科目ならば問題を解くのも面倒臭いということにはならないし成績の伸びもよくなります。また、受験は体力勝負ということになりますが、自分自身にストイックになった人が合格を勝ち取ることが出来ると思います。

TOPへ戻る